パーフェクトヒューマン日記「社会人の教養がすべて身につくメディア」

社会人の教養がすべて身につきます。パーフェクトヒューマンを目指しましょう!

MENU

教育業界の仕組み「実力者は教育業界にはほぼいない」

どうも、パーフェクトヒューマン志願者武信です。

 

教育業界の仕組み「実力者は教育業界にはほぼいない」というタイトルで話していきますね。2017年の記事です。

 

実力者とは超一流や一流をここでは指すことにします。(そもそも実力を定量的に測るのは難しいことですが、ここでは簡略化します)

 

突然ですが、実力者は教育業界にはほぼいません。

 

こう言われて「え!」となった人もいるでしょう。

 

詳しい教育業界の内情を話します。

 

そして、教育業界の構造の闇の部分にメスを入れます。

 

詳しく知りたい方は続きをお読みください。

 

炎上も覚悟の上での過激な記事内容です。

 

約4000文字はある力作記事です。

 

では書いていきます。

 

目次。

1 本当に英語力が高い人は学校の教員を目指さない。

2 起業家、社長、ビジネス世界でのプレーヤーは教育界にはいない。

3 起業家を助ける人もある程度、価値がある。

4 プレイヤーは忙しく、教育している暇がないなどの理由で教育業界にほぼいない。

5 ビジネスを学ぶなら?&教育者は自覚しているか?

6 教育者にできること。

7 学ぶ者も超一流にどうせなら学びたい&教育業界には超一流以外いらない。

8 大半の教師の救いの点&中流階級中流を再生産する。

9 一流、超一流を目指す層は誰から学べばいいのか?

10 最後に。

 

1 本当に英語力が高い人は学校の教員を目指さない。

 

かなり反響を受け、批判記事をもらい、炎上する覚悟で書きます。(それくらい過激なことを書きます)

 

タイトルの通り、「実力者は教育業界にはほぼいない」という内容です。

 

まず、以下のツイートを貼ります。

「今、いくつかのツイートを拝見し、確かに中学高校の現場にいる英語教員がヤル気を失くして疲弊しがち(そんな場所が「学校」である)というのはわかる。そもそも本当に英語力が高い人は、学校の英語教員を目指さないだろう。これは同業者何人とも話し合って皆異口同音に。」以上、ここまで。

 

中学高校の英語教員には、英検1級取得者などはほぼいません。または、英語業界の頂点とも言える通訳者や翻訳者もいません。(翻訳者は英検1級がスタートラインという厳しい世界です)

 

 

2 起業家、社長、ビジネス世界でのプレーヤーは教育界にはいない。

 

このことを他の分野に応用してみましょう。

 

大半の中学高校に、学歴の頂点である東大生はほぼいません。つまり学歴社会(狭い世界ですが)で勝ち抜いた実力者は教師になっていません。

 

さらに、究極の実践の場は起業、ビジネスの世界でしょう。彼らはプレイヤーであり、教育業界には来ません。(たまに訪問して、講演するぐらいはありますが)

 

起業家、社長、ビジネス世界でのプレーヤーは大半の中学高校の世界にはいません。大学にもそういう人たちはいません。(評論家のような立場の人はいくらでもいますが。それでも大前さんのビジネススクールMBAなどの世界です。彼らは学者や評論家であり、プレイヤーではありません。ちなみに僕もそうです)

 

そして、MBAなどの学校では起業家の力を毎回、見抜けません。

 

デルという直販のPC会社がありましたが、昔にデルのビジネスモデルをMBA?の先生に見せたら、却下されたという話を何かの本で読んだ覚えがあります。(つまりMBA?の先生にはビジネスの実践はわからないのです。ですが今のデルは失速中のようです。短期的には大成功を収めましたけどね)

 

 

3 起業家を助ける人もある程度、価値がある。

 

また、以下のつぶやきを貼ります。

f:id:yababiji2:20170825202205p:plain

 

このように、起業家がプレイヤーですが、起業家を助ける人もある程度の価値があると思います。

 

僕もそれを目指しています。大前研一氏もそのポジションでしょう。なるべく、起業家のアイデアを見抜ける起業家支援の人になりたいですよね。

 

 

4 プレイヤーは忙しく、教育している暇がないなどの理由で教育業界にほぼいない。

 

教育業界には実力者はほぼいないと書きましたが、つまり「プレイヤーは忙しくて、教育している暇がないし、自社の秘密を漏らさないという意味で、教育業界にはほぼいない」のです。

 

中高・大学に、ビジネスの実力者はほぼいません。

 

学力の実力者なら、大学には大学教授が一応いますが世界レベルの論文を書いている実力者はほぼいません。そして、教養と仕事でのノウハウは別物です。

 

教養を教えるのは大学教授などは得意ですが、それでも「本で代替できそう」です。大学教授は仕事でのノウハウはおそらくないか下手でしょう。プレイヤーではないですからね。

 

5 ビジネスを学ぶなら?&教育者は自覚しているか?

 

このように、ビジネスの主戦場で戦おうとするなら教育業界(中学高校大学)にはビジネスでの実力あるプレイヤーはいないので「教養を学びに来ていてビジネスでの実践スキルは別のところで学ぶという意識が必要」ということになります。

 

中高・大学の教えている人たちはこのことを自覚しているのでしょうか?

 

自身はプレイヤーではなく、補佐、サポートの立場であり、ビジネスでのスキルを教える能力はなく、教養も最高レベルは教えられないということを

 

 

6 教育者にできること。

 

では、彼らに何ができるのか?といえば「もし仮に教育者を超える野心ある若者がいたら、他の能力あるビジネススキルを知っている人(ブロガーやプレイヤーなど)の存在を知らせ、そちらの方のノウハウを学ぶように促すこと」なのです。

 

野心ある若者は薄々気づいているかもしれません。

 

大半の中高・大学の先生たちは考えは古臭いし、何か、言動は的外れだし、違和感を感じると。それはほぼ正しいのです。「ビジネスの世界で一流プレーヤーと日々戦っている人たちじゃない」のですから。

 

 

7 学ぶ者も超一流にどうせなら学びたい&教育業界には超一流以外いらない。

 

教育者にできることって何なのでしょうかねー。

 

「学ぶ者も、超一流にどうせなら学びたい」のです。

 

ですが、英語の例で言えば大半の英語教師は準1級も取得していません。ならば英語限定で言えばもっと高度な能力のある英語の実力者の本などを参考にし、自分で学んだ方がいいことになります。

 

教育業界なら、予備校で革命が起き、超一流のほんのひとにぎりの講師の授業を皆が見ています。これが理想図です。

 

つまり、教育業界には超一流以外いらないのです。大半の二流教師に教えられるより、超一流の予備校講師に教えられたいのです。予備校業界ではこれは起きています。

 

この構図は中高・大学全てに当てはまります。だから「実力者は教育業界にはいない」のです。

 

 

8 大半の教師の救いの点&中流階級中流を再生産する。

 

この構図を考えると、大半の教師の役割って何なんだろう?となります。

 

しかし、救いはあります。それは個別指導です。

 

超一流講師のテキストや授業を使いますが、分からない箇所だけ、個別指導で二流講師などが対応するのです。(二流講師はその道しかないです)

 

ですが、準1級も持っていない英語講師が英検1級の指導はできません。そうなのですが結局は、英検1級を目指す層も少ないので英検準1級レベルを何とか取得すれば十分かもしれません。

 

TV番組で言ってましたが中流階級中流を再生産する」の言葉通りです。「英検準1級」取得者は英検1級は教えられないけど、英検準1級までなら教えられるというわけです。

 

二流大学の合格者は二流大学までは教えられます。なので一流、超一流を目指す層はもう教育者から見ればお手上げなのです。

 

「学校を頼らず、頑張ってくれ」というわけです。

 

 

9 一流、超一流を目指す層は誰から学べばいいのか?

 

最後に、「一流、超一流を目指す層は誰から学べばいいのか?」を考えます。

 

教育業界に実力者はほぼいないのですが、それに近い人は少ないですがいると思います。

 

プレーヤー経験のある人か、プレーヤー経験がないけれど、独自の思考力でプレーヤーと同等の視野、理解まで思考を深めた人たちです。

 

この人たちを「経験が少なくても思考能力、想像力で経験不足を埋められる人」と定義します。

 

本来なら、超一流のプレーヤーにノウハウを教えてもらえれば理想なのですが彼らは現役であり、手の内を明かしません。

 

ですが、先ほどの「経験が少なくても思考能力、想像力で経験不足を埋められる人」なら、超一流のプレーヤーのノウハウに近いところまで到達しているかもしれません。

 

彼らに教えてもらえば、超一流プレーヤーと同じノウハウを得られるというわけです。

 

彼らはプレーヤーではないですのでポジショントークもせず、現役でのライバルもいないですし、利害関係がありません。

 

ですので、ノウハウを出し惜しみなく放出してくれます。僕もこれを目指しています。

 

もちろん、僕が仮に現役のプレーヤーになったら、僕もブログでノウハウを教えるわけがありません。ブログ閉鎖になります。世の中、そういうものです。

 

 

10 最後に。

 

以上、教育業界の不都合な真実を見てきました。

 

一流、超一流を目指す若者は学校を当てにしないようにし、学校側も一流、超一流を目指す層にはサポートするという姿勢で行くべきです。

 

上から目線で教えるなんて言語道断です。あくまでサポートに徹するのです。師匠を超えている人に師匠面をするのは愚かですから

 

そして、教育者は自分の手に負えない実力ある学生に出逢ったら、先ほどの「経験が少なくても思考能力、想像力で経験不足を埋められる人」を紹介するのです。

 

または、学問(大学受験)なら予備校の一流講師の本や動画を紹介し、自身らは補佐役に回ればいいのです。

 

しかし「師匠を超える人」を教えるというのはいつの時代も嫌なものなのかもしれません。

 

ですが「年長者が歳を重ねただけで尊敬される時代は終わった」と思います。きちんと濃密な年月を過ごした年長者、実力者しかトップ層には君臨できないのでしょう。

 

最後に、以下のツイートを貼って終わりとします。

「高校生以下で賢い子に私が言ってるのは、「評価者が君よりバカなことがある。その時はバカに合わせてやれ。君がバカを矯正してあげることにメリットはないから、相手から学ぶものが無さそうなら切り上げろ」ということ。この辺を割り切れないと賢い子が学校教育でバカになってしまう。」以上、ここまで。

 

ではこの辺で。